ワキガを食事療法で治療

img-1

ワキガの治療方法にはワキガを根本的に治せる方法としてよく知られている手術療法があります。



これは原因となっているアポクリン汗腺を取り除く手術を行いアポクリン汗をでなくすることで治す方法です。
その他にも体内にボトックスを注入してエクリン汗腺からの汗を一時的に抑えるボトックス療法、市販されている制汗薬や殺菌剤を使って一時的にワキガのニオイを防止する薬物療法がありますがこれは治療とい言うよりも一時的に症状を軽減するだけで治すことはできません。


一番効果があるのは手術での治療ですが方法や費用などは医療機関によって異なりますし、不安に感じたりして踏み切れないこともあります。



その場合にはまずは食事療法を試して見るのもおすすめです。



ワキガの原因は汗です。



この汗はアポクリン汗腺という器官から出るアポクリン汗が普通の人よりも多く、脂肪分が多く含まれているのが特徴です。



アポクリン汗が出るとわきの下で細菌によって脂肪分が分解されますがその過程で独特の臭いを発生させているのです。そのため動物性脂肪をとりすぎると汗に含まれる脂肪の量が増えてしまいます。



ワキガの食事療法は有効的な食べ物である体内からニオイの発生を防ぐ効果のある梅干、殺菌・消臭効果のあるショウガ、強い殺菌作用を持つクエン酸が主成分のお酢、アポクリン汗腺からの汗を抑える作用を持つリンゴ、消臭効果が期待できる緑黄色野菜、豆腐、みそと言ったものをいつもの食事に取り入れると言うものです。



動物性脂肪を抑えて、バランスよく取り入れていくことで体質を改善していくことができます。



関連リンク

img-2
ワキガ治療の必要性を確認する方法がある

ワキガを発症すると悪臭が身体から出てしまうため、周囲の人間に迷惑をかけてしまうことになります。しかし、実際にワキガを発症させている人物は自身のその悪臭に気づくことがほとんどありません。...

more
img-2
ワキガ治療で簡単に悪臭を消す

ワキガ治療をクリニックで行えば、気になる悪臭を簡単に消すことが可能です。ワキガ治療は難しい治療ではなく、汗腺を手術して汗を出にくくすればそれだけ終わります。...

more
top